73期司法修習生 募集要項

当事務所では、73期司法修習生の皆様を対象に下記の通り募集を行っております。

事務所概要

 山本総合法律事務所は、「敷居が低い」事務所、地元群馬の皆様から気軽にご相談いただける、頼りになる法律事務所を目指しております。
 事務所としてノウハウを共有・蓄積していくことや、弁護士とスタッフが連携をしてサービス水準を高めていくことも大事にしています。
 現在、弁護士6名・スタッフ5名が在籍しており、今後も積極的に増員を行っていく予定です。

 なお、県外出身の弁護士も多数在籍しています。
 出身地域に関わらず、当事務所へご興味をお持ちいただけましたら、
 お気軽にご応募ください。

山本総合法律事務所の4つの特徴

①「多様な案件を経験できる」

高崎市を中心に群馬県全域および近県から、個人のお客様だけでなく、企業様からも多種多様な案件の相談があり、それらを受任しています。
経験を積む中で、様々な分野の相談・案件への対応力をつけて頂くことができます。

②「チーム体制で事件を担当」

入所後は先輩弁護士と担当スタッフとのチーム体制で事件を扱っていただきます。
また、弁護士や事務スタッフの垣根がなく話しかけやすい雰囲気ですので、疑問や不安等はすぐに周囲に相談できます。

③「共に成長し続けられる環境」

月に一度、最近の判例についての研究や特定の専門領域に関するノウハウを共有する勉強会を開催しています。
解決事例の報告や、現在抱えている事案の検討など、所内でノウハウを蓄積していくことも重視しています。
目の前の業務だけでなく、弁護士として備えていくべき最新の知識・スキルについても、所内のメンバーと一緒に学び、向上させていくことができます。

④「弁護士キャリアもライフも充実できる」

「働く時はしっかり働き、休む時はしっかり休む」ことを大事にしています。
土日祝日、GW、お盆、年末年始もしっかり休む等、ワークライフバランスに取り組んでいる事務所です。

事務所データ

所属弁護士

 代表 山本 哲也(56期)
    須藤 進(64期)
    岡部 裕也(66期)
    武多和 直紀(69期)
    井上 直(71期)
    髙野 鉄平(72期)

取扱分野

  •  交通事故
  •  離婚
  •  相続
  •  労働
  •  債務整理
  •  刑事
  •  企業法務 など

取扱事件の特色

当事務所では多様な案件を取り扱っています。
 その中でも、交通事故被害者救済には特に力を入れ、
 外部研究会への参加や所内研修を行っています。
 また、相続・離婚などの家事事件の割合も多い事務所です。
 顧問先企業の契約書作成等も行っており、
 今後は各弁護士の希望や適正に応じて企業法務にも更に力を入れていく予定です。

勤務条件・待遇について

 詳しくはこちらのページをご確認ください。

採用予定人数

1名

応募方法

お問合せフォームより選考希望の旨をご連絡ください。
担当より追ってご連絡を差し上げます。
その他、お問合せは上記フォームもしくは下記までお願いいたします。
電話:027-384-3011

担当:小森谷(こもりや)

事務所説明会のご案内

山本総合法律事務所では73期司法修習生の皆様に向けて、事務所説明会を実施します。
⇛ 今年度の開催は終了いたしました。

募集要項

応募資格73期司法修習生
日程

① 2019年10月16日(水)15:00~17:00 (受付開始 14:45) 
② 2019年10月30日(水)14:00~16:00 (受付開始 13:45)

※ご都合が合わない場合は、個別でのご訪問をお受けできる場合もございます。お気軽にご連絡ください。

開催場所
〒370-007
群馬県高崎市緑町1-2-2
吉田会計ビル3階 セミナールーム
内容
当事務所の魅力、一般民事中心の事務所に勤務する弁護士の実情(仕事内容・働き方・ライフスタイル・待遇など)をご説明します。
また、勤務弁護士より就職活動のアドバイスや、自分に合った事務所の選び方などをお伝えするほか、
スタッフも交えた質疑応答形式の座談会も予定しております。
申込方法以下の内容を応募フォームよりご連絡ください。
1)氏名
2)生年月日
3)法科大学院名
4)連絡先
5)希望する日程
6)希望する修習地
7)簡単な応募理由
申込期限各開催日の前々日18時まで
※応募多数の場合は上記にかかわらず応募受付を締め切らせていただきます。

参加者の声

山本総合法律事務所の事務所説明会にご参加いただいた方の感想を一部ご紹介します。

■事務局の方も含め率直な意見やお話を聞くことができたので、どのような事務所なのかが良く分かって良かったです。
みなさん雰囲気が良くて、働きやすそうな事務所だということが説明から伝わってきました。(男性)

■弁護士みなさんのざっくばらんなお話を伺うことができました。ゆるめる時はゆるめ、やる時はやるという仕事に対する姿勢が説明会の進行にも現れていました。(男性)

■アットホームで、先生方が事件のやりがいを語る姿が良いと思いました。(女性)

■貴所の業務分野の中でも柱となっているものについて、個別に詳しく伺うことができ、非常に有益でした。(男性)

■事務所の先生方が全員来てくださって、雰囲気を知ることができた点がよかったです。(男性)

■事務所の具体的な業務内容や魅力を知ることができ、時間を割いて注力分野について詳細に説明してくださったのが大変良かったです。(女性)

■地方における弁護士の状況は、仕事がなくて苦しい状況だと思っていたが、説明を受けて安定して様々な案件を獲得できることが分かりました。(男性)

■交通事故案件をはじめ、個別の事件に関しても専門性の高さが分かりました。(男性)